COLUMN

お役立ちコラム

2020.10.19

リードブレーン社会保険労務士事務所

テーマ:

【入社・退社のときに必要な手続き】①入社編

 

従業員が入社・退社する際は、社会保険(健康保険・厚生年金保険)と雇用保険の加入・脱退の手続きが必要です。手続きが遅れると、健康保険証の発行が遅れる等の事態が生じてしまいます。安心して働いてもらうためにも、スムーズな手続きが大切です。

今回は、入社のときに必要な手続きを確認します。

入社時の手続きの申請期限と加入対象

社会保険の資格取得

・雇用してから5日以内

・正社員の3/4以上(正社員が週40時間の場合は週30時間以上)勤務の方

雇用保険の資格取得

・雇用した月の翌月10日まで

・週20時間以上勤務の方

入社時の手続きに必要な情報 

(太字部分は本人への確認が必要な情報です。)

・氏名(フリガナ)、性別、生年月日、住所、電話番号

・マイナンバー

・基礎年金番号

・雇用保険被保険者番号

・扶養家族の有無

・扶養家族が有の場合:扶養家族の情報

・外国籍の場合:在留カードの両面の写し

・入社年月日

・社員区分(正社員/契約社員/アルバイト等)

・契約期間(有期契約の場合)

・週の所定労働時間

・月額給与(残業代見込み額を含む)

・通勤手当

雇用保険被保険者番号について

雇用保険の加入者ひとりひとりに付与される番号です。退職や転職をしても、基本的に変わることはありません。

従業員の番号がわからないときは?

雇用保険に加入中の方の番号は、雇用保険の加入手続き完了時に届く公文書「雇用保険資格取得等確認通知書」に記載されています。公文書は失くさないように保管しましょう。

新しく入社した方の番号がわからないときは?

その方が前職で雇用保険に加入していた場合は、前職の会社の正式名称を確認して教えてください。ハローワークが番号を調べてくれます。

以上、今回は入社時の手続きについて確認しました。

 

次回は退社時の手続きについて解説します。

 

ピックアップ