COLUMN

お役立ちコラム

2022.01.06

リードブレーン株式会社

テーマ:

2022年実施IT導入補助金<概要と変更点>

IT導入補助金とは?

バックオフィス業務の効率化やデータを活用した顧客獲得など 生産性向上に繋がるITツールの導入を支援する補助金です。具体的には勤怠システムや会計ソフト、チャットツール、また業種別にセルフオーダーシステムなど様々なITツールの導入に役立つ補助金です。

 

今回は令和3年度補正予算案で発表された2022年に実施されるIT導入補助金の変更点などについてみていきます。

 

概要

 

変更点

①クラウド利用料対象範囲

インボイス方式への対応も見据えた会計ソフト等のITツール導入をこれまで以上に促進するため

これまで1年分の利用料が補助対象でしたが2022年実施のものでは2年分が対象になります。

 

②補助上限額と補助率

上限は350万円までとなり、補助金額50万円のITツール導入の補助率は、3/4

50万円~350万円までのITツール導入の補助率2/3となります。

(※これまでは上限450万)

 

③PC、タブレット、レジなどハードウェアに上限設置

今回からPC、タブレット等は補助金額10万円まで、

レジ等は補助金額20万円までで補助率は1/2となっています。

まとめ

2021実施に比べ補助上限額は縮小したものの、クラウド利用料が2年分になるなど小規模事業者がインボイス対応や業務の効率化の為に、ソフトウェアやそれに伴うPC等の導入には使いやすくなったといえるのではないでしょうか。

業務効率化のための給与計算システムや勤怠管理システムの導入をお考えの方はお気軽にご相談ください!

ピックアップ