【コラム】資金調達方法に関して

新規で始めることには資金調達が必ずしも必要となります。

そこで今回は様々な資金調達方法、内容やメリット・デメリットなどをお話していきます。

 

◆資金

 

①自己資金・・・ 自身の持っている資金。

【メリット】 経営権を保持できる=経営の自由度が高い。金利負担が無い。

【デメリット】資金量が限られる。事業清算をした場合、自分の資産を失うことになる。

※ なるべく多く準備しておきたい。

 

②知人・友人からの出資・・・ 自分以外の第三者に株式をもってもらうケース。法人化するケース。

【メリット】  出資者を経営者・支援者として巻き込める。金利負担が無い。

【デメリット】 後で配分比率を巡りトラブルになるケースも。

 

◆個人借入

 

①個人での借入・・・ もともと事業資金として想定していない融資の、事業への流用。利率も高いため、できる限り避けるべき。

【条  件】  その金融機関による。

【メリット】  個人の信用で申し込むことができる。

【デメリット】 利率が極端に高い。

※ 極力さけるべき。

 

②親族・知人からの借入・・・ 経営者の親族・知人からの借入。

【条  件】  相手による。

【メリット】  経営権を保持できる。自由な条件で契約できる。

【デメリット】 専門家が中に入らないためリスクがある。身近な人がリスクをかぶることになる。

 


次回も引き続き、資金調達に関してお話します。

融資、クラウドに関してお話しますので併せてお読みください。