【コラム】調査当日の対応の仕方

▶調査当日の対応のしかた

 労基署の調査、特に定期監督や申告監督の場合の調査の手順は、おおむね図表5のようになります。

▶やってはいけない4項目

 労働基準法120条4項では、「労働基準監督官等の臨検を拒み、妨げ、もしくは忌避し、その尋問に対して陳述をせず、もしくは虚偽の陳述をし、帳簿書類の提出をせず、または虚偽の記載をした帳簿書類の提出をした者は30万円以下の罰金に処する」と規定されています。

 そこで、筆者が実際の調査に立ち会った経験から、これだけは絶対にやってはいけない項目を4点ほど挙げておきます(図表6)。

 

図表6 やってはいけない4項目


どんな場合であっても、改ざんや虚偽は許されることではありません。

誠実に対応しましょう。