焼肉店⑫ -取引推進上のポイント-

今日は、取引を拡大・深耕するうえでの資金ニーズ発掘のポイントや、

新規に取引を開始する上での留意点やポイントのまとめです。

1 既取引先の取引深耕

(1) 本業強化

大手フランチャイズチェーンは資金調達力の有利性を生かして商品開発に力を入れており、消費者の安価・多品種志向に対応してきている。中小企業や個人店の生残りには、自店の特徴づけ、ターゲット、メニュー、価格設定等を明確にし、そのうえで生産性の向上やコストダウンにより収益性の改善をしていくことが望まれる。

 

(2) 取引拡大の留意点

財務面では、収益性のほか、特に安全性に留意したい。収益性については、売上総利益率と売上高営業利益率について確認しておく。安全性については、①短期の安全性については当座比率、流動比率、②資本と借入金のバランスについては自己資産比率、長期固定適合率、③支払利息が過大となっていないか、売上営業外費用比率、売上高金融費用比率等を徹底的に確認する。

2 新規取引先開拓

新規出店および設備更新時に資金需要は大きくなるが、立地・客層にあった価格設定やメニュー構成になっているか事業計画の整合性をかんがみて、与信額決定していくことが重要である。

また、フランチャイズ展開を図っている企業に対しては、加盟料や指導料、月々のロイヤリティなどの取扱いができるかどうかなどについて、企業業績を勘案し提案していくことが重要になる。


明日は関連する法規制についてです。