【コラム】焼肉店⑦ -業務内容・特性-

今日は焼肉店の業務内容のまとめです。

1 商品の種類・特性

 焼肉のメニューは、カルビ、ロース、ハラミ、タンなどが中心である。ホルモンで人気があるのはミノ、レバー、ハツ等である。

 サイドメニューは野菜焼き・サラダの野菜類、ナムル、キムチ等の漬物類、タマゴ・ワカメ等のスープなどがある。そのほかにも、飯類にはライス(白米)、クッパ等、麺類には冷麺等、酒類はマッコリ、ビール、焼酎、日本酒等がある。

 また、食後や口直しのデザートとして、アイスクリームやシャーベット、果物がある。

2 流通経路・販売形態

 牛肉は卸売業または生鮮市場から仕入れる。決済は現金がほとんどであるが、取引先が固定されている場合は、月末払いや掛仕入も行われる。サイドメニューの食材も生鮮市場からの当用仕入が一般的で、決済は現金で行われる。販売は商品・サービスの提供後に現金で払われる。

 


わざわざ1コラムとしてまとめるほどでもない内容だったかもしれません。。。

明日は取引形態についてです。