飲食店経営のツボ⑤

今回は2つめのテーマ利益管理についてです。

 

飲食店は月商○○万円の店を気にします。

そして、それがメディアにも取り上げられます。

 

一つ目のテーマで売上管理の重要性をお伝えしましたので、売上を伸ばしていくことにもちろん異論はありません。

 

ただ。。。。

 

そこだけ追って資金繰りが厳しくなっていく店舗が多いのも事実です。どういうことかというと、売上を伸ばしたいのであれば、新規出店をドンドンすれば簡単に伸びます。

 

お客様が全く来ないというお店は考えずらいので、店舗数に比例して売上は伸びます。

 

以下の図を見てください。

 

 

売上は簡単に増えます。

 

そして利益の額も増えます。

 

ただ、利益率は増えてません。

 

一方で、売上だけではなく、利益も上がるお店作りを心掛け、改善を繰り返し、1日8人お客様の来店数を増やそうと努力した結果、以下の数字になります。

 いかがでしょうか?売上は微増ながらも、利益率が格段に向上してます。

 

2つを比較してみます。

 

 いかがでしょうか?

 

確かに前者の方が売上は多いですが、利益の額は後者の方が多いのです。

 

さらに前者は2店舗経営ですので、借入も増え、ヒトも増え、固定費が増え、キャッシュアウトが増えています。

 

その状況の中で利益が少ないと、お金はマイナスになっていくのです。

 

まずは利益がきちんと生み出せるお店作りをしてから、店舗展開をした方が余裕が出ます。

 

目先の月商や規模に惑わされない様にするのがポイントだと思います。

 

その中で重要な指標が利益ということです。

 

売上管理の次は利益管理が重要になる理由がご理解いただけたでしょうか?

 

リードブレーン 皆川