経営方針発表会

今週の日曜日は、顧問先の国分寺産業さんの経営方針発表会に参加させて頂きました。

 

 

昨年も参加させて頂いたのですが、今年はより社員さんが前面に出ることが多く、組織力が年々アップしてるなー、って感じました。

 

 

その閉会の挨拶で、田村友作専務の言葉がすごく心に響きました。

 

以下、お話の抜粋です。

 

———-昔、ゴミ収集車に乗っていると、鼻をつまむお母さんと子供の列によく遭遇した。

 

その時どうしたら、それをやめさせられるだろうと考えた。

 

そこで思いついたのが元気な挨拶だった。

 

こちらから元気な挨拶をすれば、向こうは鼻から手をとって挨拶してくれるんではないかと。

 

それ以来、元気に挨拶をし続けよう、と会社の理念を「いい挨拶」にしました。

 

———-

 

作られた、ビジョンや理念でなく、これが本当の会社の経営理念の意味なんだなー、強い会社だなー、と本当に響きました。

 

シンプルに感動しました。

 

そんな会社とお仕事ができていることに感謝しかありません。

 

世の中には、会社の業績の悪さを、世の中や、社員や、外部環境のせいにする経営者が多い中で、本当の経営って何なのかを改めて考えさせられました。

 

リードブレーン ?皆川