クラウド支援②リアルタイム入出金

cloud_s

出張が続き更新が遅れてました。。。 がんばります!

前回のつづきです。

 

クラウド支援を推奨する理由、2つ目のポイントは、リアルタイムで入出金を管理でできるということです。

 

クラウド会計は、各種金融機関やクレジットカードからのWeb明細データを自動で取り込んでおり、ほとんどタイムラグなく、入出金の状況を閲覧することができます。

 

経理をすべて社長が管理している会社は別ですが、私が数多くコンサルティングをしている飲食業の場合、お店に現金があり、そこから金融機関に入金することが多く、その入金タイミングや実際の売上との整合性が非常に大事なポイントです。

なぜか。。。お金がなくなることが多いからです。。。。

 

その詳細は後日お話ししますが、飲食店を長年やっている経営者であれば、すぐ思い当たると思います。

 

だからこそ、現金がいつ、どこで、いくら、動いているのかをなるべくリアルタイムで把握することが経営上最も重要なんです。

 

ただ、いままでは通帳を記帳に行くまで気づかなかった。。。

税理士に指摘するまで気づかなかった。。などなど、お金がなくなってることが多かったんです。。。

 

それがクラウド会計を導入することで、それが防げて、モバイル端末にプッシュ通知で知らせてくれるので、現場主義の社長に最も必要なツールではないかな、と思い、導入推進しております!