コンサルティングとアウトソーシング

shutterstock_267666284

 

経営者の皆様が外部の顧問を頼む際に、考えないといけない視点がコンサルティングをお願いしたいのか?

アウトソーシングをしたいのか?

ということです。

 

分かりやすい例でいえば、税理士さんに会社の経理をお願いしたい場合、経理の代行や、記帳・入力業務、決算等々を依頼することはアウトソーシングです。

 

アウトソーシングは言うまでもなく、正確性や適法性などが求められます。

 

一方、資金調達をするためにどの銀行と交渉するかであったり、会社の数字を分かりやすくするために、どのような資料を作成するか?であったり、お店を新規出店するべきかどうか?といった視点でアドバイスを求めるのはコンサルティングとなります。

 

コンサルティングに関しては、それを求める人の経験・ノウハウ・考え方などが重要となります。

 

じつはこの2つの業務をトータルでこなせる人ってなかなかいないんです。

 

そうですよね。

そもそも求めるスキルが違いますから・・・

 

ただこれを経営者サイドが理解をしていないと、うちの税理士は何のアドバイスもない!といった不満になってしまうのです。

 

社会保険労務士など他士業でも一緒です。

 

給与計算・入退社手続きを依頼したいのか、労務トラブルを防ぐルールのアドバイスをもらいたいのか、によって異なります。

 

今一度、アウトソーシングを依頼したいのか、コンサルティングを依頼したいのか、整理しておくことが外部顧問の有効な使い方です。